スポンサードリンク

ノートパソコン液晶モニター修理 液晶モニターの交換

ノートパソコンの修理で多いのが液晶の修理とキーボードの修理であるが、このサイトでは液晶について考える。
修理と言うよりもおそらく大半は部品の交換と言うことになるだろう。それには液晶周りを分解しなくてはならないわけだが、見て分かるようにノートパソコンの液晶パネル部分は非常に薄い。あの薄い部分にいろいろなパーツがあり配線もされている。
素人がこれを分解しようとすると下手をするとこれらの部品を破壊、断線などしてしまい、更なる故障を引き起こす可能性が非常に大きいのである。よほどのスキルがない限り、一般の方が液晶周りを修理するのは止めた方が無難かも知れない。
メーカでは液晶周辺の機器が故障した場合はその原因がバックライトであろうがインバータであろうが、その他のパーツであろうが、その如何にかかわらずそれらをすべて『液晶ユニット』という一つのパーツ群として、丸ごと交換してしまう。その方が手っ取り早く交換が可能だからである。故障個所を調べ、原因を調べ、そして修理する・・・それだけの事をしていると時間を非常にくう。
今は何でも早さが売りとなっているから、なるべく早く交換したいのだ。そのために『ユニット』と言う単位でやってしまうのである。
結果、交換する部品単価が上がってしまうというわけだ。
修理業者がメーカよりも安い値段で修理できるのはこの修理を部品ごとに行うからだ。
バックライトやインバータなどのパーツを個別に修理するのだ。だからメーカーよりも安く修理する事が可能となるのである。
であるが、再三言ってきたように、液晶周りのパーツは純正品でないと光の色味が変わるなど元の状態に完全に戻らないと言うこともありえる。さらに、あまり古い機種だとメーカにもパーツ在庫がない為修理不能なんて事もありえる話しである。
液晶周りの故障の場合は買い替えも一つの手段だと言うことを考えておく必要がある。

ノートパソコン液晶モニター修理 ドット欠け、ドット落ち

液晶パネルのドット欠けは、またはドット抜け、ドット落ちなどと呼ばれる事もある。ノートパソコンの液晶のドット欠けの事を調べてこちらまでいらした方にまずは言わなくてはならないことがある。
それは、『ドット欠けは故障ではない』という事である。何を言っているのか分からないと言う方のために説明します。
ドット欠けは大抵、初めてノートパソコンを使おうとした時に気が付く事が多いのではないでしょうか?ドット欠けは液晶の製造過程において発生する避けがたい現象であるため、メーカではドット欠けを故障と考えていないのである。とは言っても昔に比べドット欠けそのものが減った事は確かだろう。液晶の製造技術が進歩した為、ドット欠けが発生しづらくなったからである。
それでも完全にゼロと言うわけではない。一応メーカでも一定の基準の元ドット落ちの不良判定をしている。
中心部分から何センチまでにいくつあったら不良にするなどと言ったものである。その基準に満たなければ、ドット落ちがあったとしてもそれは不良とはみなされない。消費者にとっては納得行かないかもしれないが、ドット落ち全てを不良としていては生産が追いつかなくなってしまうのである。 であるから一番確実なのはノートパソコンを購入する時に電源を入れ表示を自分で確認する事だろう。
あとは量販店によってはドット欠け保証を行っている店もある。そういった店で購入するのも手である。

ノートパソコン液晶モニター修理 液晶画面の割れ、破損

ノートパソコンの液晶が割れたと言う時、まず、そもそもノートパソコンの液晶パネルは精密機械であるという事を認識すること。
映らないと言ってガンガン叩く人がたまにいるが昔のテレビじゃないのだからそんな事しても直らない。
ノートパソコンの液晶はとても薄いガラスによって出来ている。そのため強い力が加わると簡単に壊れる。ガンガン叩くと直るどころか逆に悪化してしまう。最悪液晶画面が割れる事もある。
割れたら修理もなにもない。液晶パネルの交換が必要である。その他、ノートパソコンの場合は持ち運ぶことがあるから、その際に落としてしまう事があるかもしれない。また、床に置きっぱなしにして踏みつけてしまったなんて事もありえる。
液晶が割れた場合のパソコンメーカでの修理は液晶パネルを内部パーツもろとも全て交換と言うことになるだろう。
パーツ一個ずつ壊れているか否かの確認を取るよりも手っ取り早いし、修理単価も上げらるからだが。
その為、修理費用はかなり高額になると思われる。しかし、修理業者ならば故障の状況にもよるが、修理代金を安く上げられる可能性があるようだ。故障破損の詳細を調べ使えるパーツは生かす方向で修理するかららしい。全壊の時は仕方がないが、多少の液晶割れならば業者に相談してみるのも良いかもしれない。

ノートパソコン液晶モニター修理 インバータ交換

液晶パネルの画面がちらちらする、何も写ってないように見えるが、画面をよく見ると映っている、そんな場合はバックライトもしくはインバータが故障している可能性がある。
どちらが悪いかと言うのは一見しただけじゃわからない。故障の原因がバックライトなのかインバータが悪いのか?この判断は非常に困難である。というのも冒頭の症状はバックライト故障でもインバータ故障でも同様のものがありうるからである。
バックライトを交換したけど症状が変わらない、といった場合はインバータが故障していたということになる。
これはやってみなくちゃわからない。と言ったところである。順番としてはまずバックライトを交換、その後インバータとなるだろう。
さて、ではこれを修理するとなると実に大変である。はっきりいって素人には手に余る。
インターネットで検索するとインバータ交換をしている方もいるようであるが、それらは電子工作の経験のある方々、個人で半田ごてを持っていたりする方たちである。そういうスキルのある方にはとても参考になるだろうが、そうでない方々にはやはりインバータの交換、修理というのは少々困難だと思う。素直にメーカか修理業者に頼んだ方が良いだろう。
ただ、バックライトとちがってインバータは純正品でないと不具合が出る場合があるから、修理業者では治らない場合もある。
ノートパソコンのインバータは一般的に市場では流通されていない。それぞれのノートパソコンにより形状も違うのでパソコンメーカー以外でこれを手に入れることは非常に困難である。 修理業者も結局、部品はメーカーか中古品から入手する。
その辺を踏まえて、ノートパソコンの保障期間外であるなら、少々高い代金を出してメーカで修理を頼むか、いっそ買い換えてしまった方が良いかもしれない。
初期不良でもない限りインバータが壊れるころにはノートパソコンそのものもかなり古くなっているだろう。
買い替えも一つの手段として考えるべきである。

ノートパソコン液晶モニター修理 バックライト交換

ノートパソコンの液晶モニターの故障で多いのがバックライトである。
これは、液晶部分の表示が暗くなり画面がよく見えなくなると言ったものである。原因としては液晶の裏側にあるバックライトと言う部品に不具合が起きたからという事になる。
このバックライトの修理と言うのは、ほとんどの場合バックライトの交換と言う事になるわけであるが、メーカーに依頼するなら当然純正品を使うので何ら問題はないが、修理業者に頼んだ場合、場合によっては汎用品を使用するため元の色味と変わる可能性がある。その辺のことはあらかじめ了解する必要がある。
バックライト修理以外でノートパソコンの液晶修理と言うと、その他にはインバータの修理があるかもしれない。
このインバータと言うのはバックライトを働かせるのに必要なパーツであると覚えていただければ結構でいいのだが、このインバータの不具合の場合もある。この交換は修理業では出来ない場合がある。と言うのもこの部品は各ノートパソコンによって違うので、純正品による交換が必要になる。このためメーカー以外では交換できない可能性も出てくるのである。その事はご承知おきいただく必要がある。
インバータについてはまた別に述べようと思う。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。