スポンサードリンク

ノートパソコン液晶モニター修理 インバータ交換

液晶パネルの画面がちらちらする、何も写ってないように見えるが、画面をよく見ると映っている、そんな場合はバックライトもしくはインバータが故障している可能性がある。
どちらが悪いかと言うのは一見しただけじゃわからない。故障の原因がバックライトなのかインバータが悪いのか?この判断は非常に困難である。というのも冒頭の症状はバックライト故障でもインバータ故障でも同様のものがありうるからである。
バックライトを交換したけど症状が変わらない、といった場合はインバータが故障していたということになる。
これはやってみなくちゃわからない。と言ったところである。順番としてはまずバックライトを交換、その後インバータとなるだろう。
さて、ではこれを修理するとなると実に大変である。はっきりいって素人には手に余る。
インターネットで検索するとインバータ交換をしている方もいるようであるが、それらは電子工作の経験のある方々、個人で半田ごてを持っていたりする方たちである。そういうスキルのある方にはとても参考になるだろうが、そうでない方々にはやはりインバータの交換、修理というのは少々困難だと思う。素直にメーカか修理業者に頼んだ方が良いだろう。
ただ、バックライトとちがってインバータは純正品でないと不具合が出る場合があるから、修理業者では治らない場合もある。
ノートパソコンのインバータは一般的に市場では流通されていない。それぞれのノートパソコンにより形状も違うのでパソコンメーカー以外でこれを手に入れることは非常に困難である。 修理業者も結局、部品はメーカーか中古品から入手する。
その辺を踏まえて、ノートパソコンの保障期間外であるなら、少々高い代金を出してメーカで修理を頼むか、いっそ買い換えてしまった方が良いかもしれない。
初期不良でもない限りインバータが壊れるころにはノートパソコンそのものもかなり古くなっているだろう。
買い替えも一つの手段として考えるべきである。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。