スポンサードリンク

ノートパソコン液晶モニター修理 ドット欠け、ドット落ち

液晶パネルのドット欠けは、またはドット抜け、ドット落ちなどと呼ばれる事もある。ノートパソコンの液晶のドット欠けの事を調べてこちらまでいらした方にまずは言わなくてはならないことがある。
それは、『ドット欠けは故障ではない』という事である。何を言っているのか分からないと言う方のために説明します。
ドット欠けは大抵、初めてノートパソコンを使おうとした時に気が付く事が多いのではないでしょうか?ドット欠けは液晶の製造過程において発生する避けがたい現象であるため、メーカではドット欠けを故障と考えていないのである。とは言っても昔に比べドット欠けそのものが減った事は確かだろう。液晶の製造技術が進歩した為、ドット欠けが発生しづらくなったからである。
それでも完全にゼロと言うわけではない。一応メーカでも一定の基準の元ドット落ちの不良判定をしている。
中心部分から何センチまでにいくつあったら不良にするなどと言ったものである。その基準に満たなければ、ドット落ちがあったとしてもそれは不良とはみなされない。消費者にとっては納得行かないかもしれないが、ドット落ち全てを不良としていては生産が追いつかなくなってしまうのである。 であるから一番確実なのはノートパソコンを購入する時に電源を入れ表示を自分で確認する事だろう。
あとは量販店によってはドット欠け保証を行っている店もある。そういった店で購入するのも手である。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。